--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月18日 (金) | Edit |
ここは、東京のとあるホテルのメイン・バー。
東京といっても中心部からは、だいぶ外れた山の中なので、
私の自宅がある練馬区からは、車で1時間ほどかかる。

12月の灰色の空は、私の心を凍らせていた。
そろそろこのバーとも、おさらばするかな。
ぼんやりとカウンターの中で客を待っていた。

そこへ、一人の中年女性が入ってきて、目の前に座った。
「シンガポール・スリング」
威厳のある、強い口調で注文した。

私の差し出した、シンガポール・スリングを口にしたその女性は、
いぶかしげに言った。
「あら、いつも飲んでいるのとは、全然違うわ。」
「こちらは、ラッフルズ・ホテルのオリジナル・レシピのものです。」

私はこのレシピにこだわりを持っていたのだけど、
その中年女性の、お口には合わなかったらしい。
半分飲んで、すぐに出て行ってしまった。

30歳ぐらいの男が入ってきた。
カウンターに座るなり、コートも脱がず、
「疲れがとれるような酒がないかな。」
と注文した。

私は、うれしかった。
私はこんな漠然とした注文をする人が好きなんだ。
バーテンダーとしての自尊心をくすぐられるからだ。

彼は、私のことを信用してくれている。

私には自信がある。
あなたのために、最高の酒を出す自信が。
誰もまだ理解はしてくれないが、たしかに私は最高のバーテンダーだ。

私は、彼の前にとっておきの酒を差し出した。
男は、それを一気に飲み干したあと、ふらふらと立ち上がって出て行った。

入れ替わりに、若い女が入ってきた。大学生だろうか?
暗い表情で、カウンターに座った。
彼女は何も注文することもなく、おもむろに、自分の話を始めた。

失恋したばかりで、それを忘れるために、旅をしているのだそうだ。

私は、黙って聞いていた。

彼女は、ここがバーであることに、ふと気がついて、
恥ずかしそうに、女性らしい口調で、
「嫌なことを、ぜ~んぶ忘れてしまえるようなカクテルが飲みたいわ!」
と注文した。

私は、薄いピンク色のカクテルを差し出した。
彼女は、その色にうっとりしながら、飲み干した。

彼女は、また自分のことを一方的に話した後、
重そうな旅行カバンを背負って、店から出て行った。

時計を見ると、AM02:00を過ぎていた。
私は、閉店作業を終えてホテルを出た。

救急車がすれ違い、ホテルの前で止まった。

空を見上げると、昨日とは少しちがう星空が、
暖かく私を見つめていた。


FC2ブログランキング

↑変わったようでも、何も変わっちゃいない人生

スポンサーサイト
2008年07月17日 (木) | Edit |
ここは東京の、とあるホテルのメイン・バー。
東京といっても、中心部からはずいぶんと外れた、山の中の廃墟のような安ホテル。
12月の灰色の寒空のせいで、よけいに排他的にみえる。

僕は、初めての出張と、大都会の喧騒に心身がまいっていた。

PM11時32分
「疲れがとれるような酒がないかな?」

バーテンは、何も言わず、小さなグラスに透明の液体を入れ、
僕の、目の前にスッと置いた。

僕は、それを一気に飲み干した。
(くっ・・臭い・・・なんだこの酒は・・・)
ヒドイな、これは。
僕が、バーテンに文句を言おうとした瞬間、体の力がガクッと抜けた。
めまいがする。店中が歪んで見える。

意識朦朧としながら、とにかくこのバーから出ることにした。
あちこちに体をぶつけながら、803号室にたどり着いた。
鍵を差し込むのに四苦八苦しながら、やっとドアノブを回して、
そのまま、ベッドの上に倒れこんだ。

PM11時59分
ああ・・あと1分で明日になるのか。もう少しで、明日になるのか。
・・・今日は・・・昨日・・・、今日は・・・あした・・。
うなされながら、眠りについた。

PM01時05分
暑い・・・暑い・・暖房を止めてくれ・・・
意識混濁のまま上着を脱いだ。

窓から差し込む夏の日差しが、部屋を蒸し暑くしている。

PM05時43分
寒い・・・今度は寒い・・・・なんなんだ・・このホテルは・・

PM06時17分
「あしたは、パパの誕生日だね。」
「そうね。でも、今年もまた、私たち2人だけで、お誕生日パーティーね。」

聞いたことのある声に、僕は、ふと気がついて体を起こした。
周りを見渡したが、誰もいない。

「パパ、私よ。」
「・・・全然、気づいてくれないわね。」

誰の声だか、思い出せない。
体が軽い。頭もスッキリしている。
昨晩のあのまずい酒が、効いているんだろうか?
僕はトイレに行くために、たったひとりの薄暗い廊下を、静かに歩いた。

やけにアルコール臭い。

同じ廊下を戻り、部屋の前に立った。
ルームナンバーは、「308」。
ドアを開けて、中に入った。

ベッドに向かう後ろで、スライド式のドアがゆっくりと閉じた。


FC2ブログランキング

↑あんまり変な酒は、飲まないほうがいい
2008年07月11日 (金) | Edit |
今日もまた、最終電車に揺られて、平和台駅で降りた。

1人娘が東京で働くことに、父親は猛反対したけど、
結局、私は仕事を選んで、家を飛び出した。

東京では、何が起こっても、些細な出来事として片付けられてしまう。

夏の蒸し暑い、帰り道。
環状8号線沿いの、明るい歩道を選んで、家路を急いだ。

ふと目をやると、バス停に、ぼんやりと1人の女性が座っていた。
バスは、この時間はもう来ないはずなのに・・・

横目で、その女性の顔をみて、「あっ」と、声をあげそうになった。
私が中学2年生のときに亡くなった母に、そっくりだった。

透き通るように白い肌、長い黒髪、病弱に青白い顔。

まさか、そんなこと・・・

次の日にも、その道を通ってみた。
まさかと思ったけど、
死んでしまったはずの母が、また、バス停に座っていた。
静かに、寂しげに。

次の日も、また。
そして、次の日も。
その次の日も。

私は、たまらなくなって、
今日、とうとう話しかけた。
その女性は、やはり13年前に亡くなった私の母。

・・・ではなかった。

私は、涙が溢れた。
見知らぬその女の人に、たくさんのことを話した。
その人は、笑いながら聞いてくれた。

私は次の日も、楽しい気分で、そのバス停に向った。
母が好きだった梅酒を手に持って。
あの人も、梅酒好きかな?

だけど今日は、いなかった。
明日はいるかな?

次の日も、会えなかった。
そして、次の日も。
その次の日も。

どうしたんだろう・・・
もう、会えないのかな?
今日も、バス停で座って待っていた。
車は途切れることもなく、目の前を通りすぎていく。

今日はもう帰ろう・・・
そう思って、立ち上がろうとしたとき、
見知らぬ女性が、青ざめた顔で、近づいてきて、
今にも泣き出しそうに、声をかけてきた。

「・・お・・・お母さん・・なの・・?」

私は、突然のことで少し驚いた。
その娘は、亡くなったはずの母親が、バス停に座ってることに驚いて、
思わず声をかけずには、いられなかったと言うのだ。

私は、なんとなくうれしくなって、
その娘と二人、星をみながら、たくさんの話をして、
真夜中の家に帰った。

プレゼントするつもりだった梅酒は、
来週のお墓参りのために、冷蔵庫にそっとしまった。


FC2ブログランキング

↑今回は、DOLとはまったく関係ないです^^
お墓参りにいこう!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。