--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月14日 (火) | Edit |
人にはそれぞれ道がある。生き方と置き換えても良い。

※今回はハードボイルド調になってますwww

毎日のように大砲を打ち合う軍人達、
相場を読むことで必要な物を必要なタイミングで販売して多くの利益を出すことに精を出す商人。
中には変わったヤツもいる。
ひたすら海の上で船を作ることに命をかける職人たちや、陸の上で山賊や野党の類を裁き続ける者たちだ。
彼らはそれぞれ異なっているようで、その実ある大事な共通点があることに気づく。それは誰に強制されることもなく、その道を歩み続けていることだ。

かくいう俺も変わった道を歩んでいる人間かもしれない。俺のやってることはいわゆる何でも屋ってヤツに値する。陸の上で困っている人間の願いをかなえる代わりに彼らの物語を少しだけ覗かせてもらい、少しだけその物語に頁を刻ませてもらっている。そんなボランティアみたいなことが性に合ってるんだからしょうがない。

あっぷjpg

俺の名前はgb56 なじみの連中は「ごろー」なんて呼んだりするがね

今回はそんな俺に舞い込んできたちょっと良い話ってやつを語らせてもらいたいと思ってる。
え、何でそんな話をするのかって?
言っただろ、そんなボランティアが好きなんだ(笑)
ま、酒飲み話だと思って少しの間だけつきあってくれ
その日俺はセビリアにいた。久しぶりに海の世界に戻ることを決めたが、随分見ない内にこの世界も大きく様変わりし、戸惑っていた俺には輝く太陽とカテドラルのそびえ立つこのホームが一番落ち着くからだ。
そんな何をするわけでもなくブラブラしている俺を見かねたように馴染みの仲介人が声をかけてきた。

「よぉ、久しぶりだな。いっちょ仕事を引き受けてくれないか?あんた好みの面白い話があるぜ」
『そんなこと言って、また地球の裏側まで行ってこいなんて、話じゃないだろうな?俺はこの世界の右も左も忘れちまったんだ。あんまり無茶なことはゴメンだぜ?とりあえず話だけでも聞いてみるから言ってみな』

特に気乗りしたわけでは無いが、少し嬉しそうに近づいてきたこの男を見ているとついつい話をきいちまう。それでとんでもない所まで行かされることもしばしばなんだから、相性が良いんだか悪いんだか。

思い出に残ったものjpg

『やれやれ、学者先生の依頼か。面倒なことにならなければ良いんだが・・・』

その足で書庫に向かった俺は少しオドオドしているような依頼人を見つけた。

『俺に話があるってのはあんたかい?どんな依頼だ?』

「えぇ、実は・・・」
その依頼人は申し訳なさそうにしながら話を切り出した。
情報1jpg

とんでもない話だ。コイツはそんなガキの使い程度の感覚で新しい発見ができるとでも思っているのだろうか?
一瞬断ろうかと考えたが、またあの笑顔の仲介人が浮かぶ。つくづく相性が良いんだか悪いんだか。

まぁ話を断るのは色々情報を集めてからでも良いかと思い直し、繁華街の方に向かい、行きつけの店のカウンターに腰掛けた。

『まずはバーボンを一杯。それとちと聞きたいことがあるんだが・・・』
自分の用件だけを告げ昼間からせっかちに酒をねだる俺に少し呆れた顔をしながらロサリオは瓶のふたを開け、俺の話に耳を傾ける。

「そう。。そういうことなら・・・」

情報2jpg

『アルギンか・・・。そんなに遠い所でもないし、肩慣らしとしてはちょうど良いか。』
そう独り言をつぶやくと、残ってる酒を一気に飲み干し店を出た。

ここからが大変だった。
海に出た俺は自分のブランクってやつを思い知ることになる。船員も熟練の腕の良い男達だが、いかんせん陸での生活が長かったせいか帆の一つも満足に開けない。

青息吐息になりながらも、なんとかアルギンに辿り着いた俺は何はともあれ酒場に向かう。誰が決めたか知らないが情報が欲しい時は酒場だ。この世界における基本、常識ってやつだ。
やっとその程度のことを思い出しながら、酒場で酒を注文する。これも常識ってやつだ。 
・・・まぁこっちの常識は俺だけのもんかもしれないが。

酒場のオヤジと二言、三言交わしながら引き出した情報は大体次のようなものだった。
情報3jpg

この辺りじゃサンジョルジュぐらいしか思い当たる節がない。
『サンジョルジュまでだ。それ以上遠くに行くことになるならこの話はパスだ。』
そう思いながら、サンジョルジュへの針路をとる。

サンジョルジュに着くと俺はラエマに話を聞くことにした。

情報4jpg

『ココまでか・・・』

情報がとだえ途方に暮れる俺に隣で話を聞いていたオヤジが口を開く

情報5jpg

『なんてこった!他の女ってのは、あのマイク・タイソンみたいなヤツのことか!?』
完全にテンションは下がりきっていたが、ここまで来て引き下がるわけにもいかず俺はさらに南に針路を向けることにした。
               ・
               ・
               ・
少し話が長くなってしまったから、休憩が必要だろう?
続きは、また今度記すことにする。




P.S :ノリで小説風にしたけど、エライ疲れましたww



<今日のオマケ>

マジで!?jpg
マジで!?

(↓記念にポチっと!  ( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪)

FC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごくおもしろかったww
56先生の次回作に期待です^^

2009/07/14(Tue) 18:07 | URL  | るいす #-[ 編集]
うけたwww
熟読しましたwww
次回作期待!v-78
2009/07/14(Tue) 21:05 | URL  | こうき #-[ 編集]
るいすさん、こうきさん
感想ありんす(^▽^)
ちょっと最初飛ばしすぎて後半疲れました^^;
最後は、なんだかこっ恥ずかしくなってギャグに走ったけど(笑)続きもがんばります^^
大きく方針が変わってなければ良いけどww
2009/07/14(Tue) 22:23 | URL  | 56 #-[ 編集]
夏フェス!!
夏フェス一緒に行ってくれる人募集!!夏の思い出一緒につくろぉ☆ megumi-0830@docomo.ne.jp 連絡してね♪
2009/07/24(Fri) 18:27 | URL  | りょうこ #.Q4T7y9A[ 編集]
はじめまして♪
すごい面白かったですw

続き楽しみにしてまーす
2009/07/27(Mon) 18:30 | URL  | ブケ #xPR/ZykM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。